オラクる。

oracle専門ブログにしてみようかな~っと

カテゴリ: oracle

では、早速oracleをインストールしてみましょう。

000000

runinstallerで起動

000001

000002

000003

取り敢えずソフトウェアのみをインストールしてみます。

000004

スタンドアロン環境です。

000005

000006

000007

000008

000009

000010

000011

やはり、メモリが少ないというメッセージが出力されました。

000013

無視してそのままインストールを進めると・・・

000014
000015

やはりエラーで終了しました。
エラーメッセージでmy oracleを検索すると・・・やはりメモリが少ないことによるものでした。

今回はoracleインストール前の準備をします。
前もって追加ディスクをマウントしているので、そこにoracleをインストールする前提です。

yum install binutils
yum install compat-libcap1
yum install compat-libstdc++-33
yum install compat-libstdc++-33.i686
yum install gcc
yum install gcc-c++
yum install glibc
yum install glibc.i686
yum install glibc-devel
yum install glibc-devel.i686
yum install ksh
yum install libgcc
yum install libgcc.i686
yum install libstdc++
yum install libstdc++.i686
yum install libstdc++-devel
yum install libstdc++-devel.i686
yum install libaio
yum install libaio.i686
yum install libaio-devel
yum install libaio-devel.i686
yum install libXext
yum install libXext.i686
yum install libXtst
yum install libXtst.i686
yum install libX11
yum install libX11.i686
yum install libXau
yum install libXau.i686
yum install libxcb
yum install libxcb.i686
yum install libXi
yum install libXi.i686
yum install make
yum install sysstat
yum install unixODBC
yum install unixODBC.i686
yum install unixODBC-devel
yum install unixODBC-devel.i686


必要なパッケージをインストールします。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vi /etc/sysctl.conf



#add by Oracle
kernel.shmall = 2097152
kernel.shmmax = 536870912
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
fs.file-max = 6815744
fs.aio-max-nr = 1048576
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576


[root@ip-172-31-24-97 ~]# sysctl -p

カーネルパラメータを設定、sysctlコマンドで反映します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]#
groupadd -g 200 oinstall

[root@ip-172-31-24-97 ~]#
groupadd -g 201 dba

[root@ip-172-31-24-97 ~]#
groupadd -g 202 oper

[root@ip-172-31-24-97 ~]# useradd -u 200 -g oinstall -G dba,oper -d /home/oracle oracle
[root@ip-172-31-24-97 ~]# passwd oracle


必要なグループ、ユーザーを作成し、ユーザーのパスワードを設定します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# chown -R oracle:oinstall /u01
[root@ip-172-31-24-97 ~]# mkdir -p /u01/app/oracle
[root@ip-172-31-24-97 ~]# mkdir -p /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1
[root@ip-172-31-24-97 ~]# chown -R oracle:oinstall /u01/app/oracle
[root@ip-172-31-24-97 ~]# chmod -R 775 /u0


oracleのインストールディレクトリを作成し、パーミッションを変更します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vi /etc/security/limits.conf



oracle soft nproc 2047
oracle hard nproc 16384
oracle soft nofile 1024
oracle hard nofile 65536
oracle soft stack 12040
oracle hard stack 32768


ユーザー制限の設定を行ないます。
これで一通りの設定が完了しました。

次回はいよいよインストールです。

今回はoracle db用にディスクを追加してみます。

000000

左側のメニューからELASTIC BLOCK STOREのボリュームを選択します。
ボリュームの作成ボタンをクリックします。

000001

ボリュームタイプやサイズを選択して、作成ボタンをクリックします。

000002

ボリューム作成中・・・

000003

ボリュームが作成されました。

000004

作成したボリュームを右クリックしてボリュームのアタッチを選択します。

000005

ボリュームを見せたいインスタンスを選択してアタッチボタンをクリックします。

000006

ボリュームがアタッチされました。

[ec2-user@ip-172-31-24-97 ~]$ su -
Password:

[root@ip-172-31-24-97 ~]# fdisk -l

WARNING: GPT (GUID Partition Table) detected on '/dev/xvda'! The util fdisk doesn't support GPT. Use GNU Parted.


Disk /dev/xvda: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

    Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/xvda1               1        1306    10485759+  ee  GPT

Disk /dev/xvdf: 21.5 GB, 21474836480 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 2610 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000


インスタンスにログインし、fdiskでボリュームがアタッチされていることを確認しました。

teratermで接続することが出来ました。
今回はVNCで繋げられるようにしてみましょう。

[ec2-user@ip-172-31-24-97 ~]$ sudo -u root passwd
Changing password for user root.
New password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.


まずはSSHでログインして、rootユーザーのパスワードを設定します。

[ec2-user@ip-172-31-24-97 ~]$ su -
Password:
[root@ip-172-31-24-97 ~]# yum install tigervnc-server



Installed:
  tigervnc-server.x86_64 0:1.1.0-18.el6

Complete!


そして、suでrootユーザーに入って、yumでvncserverをインストールします。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# yum groupinstall "X Window System" "Desktop"



Complete!


合わせて、x windows、desktop関連のパッケージをグループインストールします。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vncpasswd
Password:
Verify:


現在接続しているユーザーのVNC用のパスワードを設定します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vncserver

New 'ip-172-31-24-97:1 (root)' desktop is ip-172-31-24-97:1

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/ip-172-31-24-97:1.log


vncserverを起動できるか確認します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vncserver -kill :1
Killing Xvnc process ID 16842


追加設定のため、vncserverを停止します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# vi /etc/sysconfig/vncservers
[root@ip-172-31-24-97 ~]# cat /etc/sysconfig/vncservers
VNCSERVERS="1:root"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 800x600"


vnc接続時の画面設定を設定ファイルに追記します。

[root@ip-172-31-24-97 ~]# service vncserver start
Starting VNC server: 1:root
New 'ip-172-31-24-97:1 (root)' desktop is ip-172-31-24-97:1

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/ip-172-31-24-97:1.log

                                                           [  OK  ]


再度vncサーバーを起動します。

000041

セキュリティグループの追加設定も必要です。
5901ポートを許可するように設定します。

000042

これでVNCに接続できるようになりました。

000021

インスタンス数、利用するネットワークを選びます。
デフォルトのままで次に進みます。

000023

ストレージは後で追加します。
そのまま次へ進みます。

000024

タグ付けも行なわずに次へ進みます。

000022


セキュリティグループとして、先程作成したSSL OKのセキュリティグループを選択します。

000025

最終的な設定を確認して作成ボタンをクリックします。

000026

SSH接続のときに必要になるキーのペアを作成、ダウンロードします。
大事に保管してください。

000027

インスタンスの作成中です

000028

作成中・・・

000029

作成が完了しました。

000036

表示されるIPアドレスからSSHに接続します。
このときに先程作成した鍵のペアを指定します。

000037

接続できました。

このページのトップヘ