ASMのディスクグループを作成してみましょう。
今回は仮想環境としてvSphereを利用しています。

000002

1GのVMFSを4個作成しました。

[root@DB01 ~]# fdisk -l



ディスク /dev/sdf: 1073 MB, 1073741824 バイト
ヘッド 34, セクタ 61, シリンダ 1011
Units = シリンダ数 of 2074 * 512 = 1061888 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/sdh: 1073 MB, 1073741824 バイト
ヘッド 34, セクタ 61, シリンダ 1011
Units = シリンダ数 of 2074 * 512 = 1061888 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/sdi: 1073 MB, 1073741824 バイト
ヘッド 34, セクタ 61, シリンダ 1011
Units = シリンダ数 of 2074 * 512 = 1061888 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


ディスク /dev/sdg: 1073 MB, 1073741824 バイト
ヘッド 34, セクタ 61, シリンダ 1011
Units = シリンダ数 of 2074 * 512 = 1061888 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000


作成したVMFSが新しいディスクと認識されていることをfdisk -lコマンドで確認します。

[root@DB01 ~]# fdisk /dev/sdf
デバイスは正常な DOS 領域テーブルも、Sun, SGI や OSF ディスクラベルも
含んでいません
新たに DOS ディスクラベルをディスク識別子 0xcd9b3e15 で作成します。
あなたが書き込みを決定するまで、変更はメモリ内だけに残します。
その後はもちろん以前の内容は修復不可能になります。
警告: 領域テーブル 4 の不正なフラグ 0x0000 は w(書き込み)によって
正常になります

警告: DOS互換モードは廃止予定です。このモード (コマンド 'c') を止めることを
      強く推奨します。 and change display units to
         sectors (command 'u').

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-1011, 初期値 1):
初期値 1 を使います
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-1011, 初期値 1011):
初期値 1011 を使います

コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
ディスクを同期しています。


それぞれのディスクに対して、fdiskコマンドを利用して、新規パーティションを作成します。

[root@DB01 ~]# cat /etc/udev/rules.d/99-oracle.rules
KERNEL=="sd[b-z]1",ACTION=="add|change",OWNER="grid",GROUP="asmadmin",MODE="0660"

デバイスルールから、今回作成したディスクのパーティションが含まれているかを確認します。

[root@DB01 ~]# udevadm control --reload-rules

[root@DB01 ~]# start_udev
udev を起動中:                                             [  OK  ]

[root@DB01 ~]# ls -al /dev/sd*



brw-rw---- 1 root disk     8,  80  9月 17 01:42 2016 /dev/sdf
brw-rw---- 1 grid asmadmin 8,  81  9月 17 01:42 2016 /dev/sdf1
brw-rw---- 1 root disk     8,  96  9月 17 01:42 2016 /dev/sdg
brw-rw---- 1 grid asmadmin 8,  97  9月 17 01:42 2016 /dev/sdg1
brw-rw---- 1 root disk     8, 112  9月 17 01:42 2016 /dev/sdh
brw-rw---- 1 grid asmadmin 8, 113  9月 17 01:42 2016 /dev/sdh1
brw-rw---- 1 root disk     8, 128  9月 17 01:42 2016 /dev/sdi
brw-rw---- 1 grid asmadmin 8, 129  9月 17 01:42 2016 /dev/sdi1


startudevでルールを適用し、デバイスの権限情報が正しくなっていることを確認します。

[root@DB01 ~]# su - grid
[grid@DB01 ~]$ ps -ef | grep [a]sm_pmon
grid      3030     1  0 01:36 ?        00:00:00 asm_pmon_+ASM

[grid@DB01 ~]$ sqlplus / as sysasm

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on Sat Sep 17 01:51:17 2016

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.


Connected to:
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Automatic Storage Management option

SQL> set linesize 150 pages 500
SQL> col NAME for a12
SQL> col HEADER_STATUS for a14
SQL> col PATH for a40
SQL> select GROUP_NUMBER, DISK_NUMBER, NAME, HEADER_STATUS, PATH
  2  from V$ASM_DISK
  3  where GROUP_NUMBER = 0;

GROUP_NUMBER DISK_NUMBER NAME         HEADER_STATUS  PATH
------------ ----------- ------------ -------------- --------------------
           0           0              CANDIDATE      /dev/sdg1
           0           3              CANDIDATE      /dev/sdi1
           0           2              CANDIDATE      /dev/sdf1
           0           1              CANDIDATE      /dev/sdh1


gridユーザーにsuし、sqlplusコマンドから、作成したディスクがASMの候補ディスクとなっていることを確認します。
これでASMのディスクグループを作成する準備が整いました。