Windows Server 2012R2でRemote Appの検証をしてみます。
ドメインに参加し、ドメインユーザーで作業する必要があります。
まずは、役割のインストールから

000121

役割の追加ウィザードを起動します。
「次へ」で進みます。

000122

「リモートデスクトップサービスのインストール」を選択します。

000123

簡単にインストールを済ませたい場合は「クイックスタート」を選択することが出来るようです。
今回は確認の意味も含めて「標準の展開」を選択します。

000124

「セッションベースのデスクトップ展開」を選択します。

000125

RemoteAppに必要な役割サービスが表示されています。
ブローカー、Webアクセス、セッションホストを用意します。
今回は1台にすべての役割をインストールします。

000126

ブローカーをインストールするサーバーを選択します。

000127

Webアクセスも同じサーバーで構成します。

000128

セッションホストをインストールするサーバーを選択します。

000129

000130

「必要に応じてターゲットサーバー~」にチェックを入れて、展開ボタンをクリックするとインストールが開始します。

000131

000132

000133

自動的に再起動され、その後インストールが完了しました。

000134

000135

サーバーマネージャーにリモートデスクトップサービスの画面が追加されました。