Windows Server2012R2でLiveMigrationの検証したくなったので
ESX5.5上のWindows Server 2012R2でHyperVをインストールしてみました。

000012

仮想マシンのプロパティでCPUの仮想化サポートを設定

000013

ただ、これだけだとHyperVの役割追加時にエラーが出て先に進めません。

「ハイパーバイザーは既に実行中です」

000014

いったん、仮想マシンをシャットダウンします。

000015

000016

作成した仮想マシンを「インベントリから削除」します。
間違えないように

000017

データストアブラウザを開き、仮想マシンフォルダの「~.vmx」ファイルを編集

000018
000018

vhv.enable = “TRUE”
hypervisor.cpuid.v0 = “FALSE”

を追記します。

000019

編集したファイルをアップロードし直します。

000021

~.vmxファイルを右クリックして、「インベントリへの追加」を実行

000023

000024

今度は、しっかりとHyperVの役割を追加出来ました。