パッチ適用後の確認方法です。

まず、oracleユーザーでsrvctlコマンドを実行し、ORACLE_HOMEに新規のディレクトリが登録されているかを確認します。

[oracle@node01 ~]$ srvctl config database -d orcl
一意のデータベース名: orcl
データベース名: orcl
Oracleホーム: /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1
Oracleユーザー: oracle
spfile: +DATA/orcl/spfileorcl.ora
ドメイン:
開始オプション: open
停止オプション: immediate
データベース・ロール: PRIMARY
管理ポリシー: AUTOMATIC
サーバー・プール: orcl
データベース・インスタンス: orcl1,orcl2
ディスク・グループ: DATA,FRA
マウント・ポイントのパス:
サービス:
タイプ: RAC
データベースは管理者によって管理されています


続いてsqlplusでoracleユーザーにログインします。
ビューから各種モジュールのバージョンを確認します。

[oracle@node01 ~]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 11.2.0.4.0 Production on 月 8月 24 00:49:01 2015

Copyright (c) 1982, 2013, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production
With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP,
Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL> SELECT * FROM v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 - 64bit Production
PL/SQL Release 11.2.0.4.0 - Production
CORE    11.2.0.4.0      Production
TNS for Linux: Version 11.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.4.0 - Production



各種モジュールに11.2.0.4と表示されていることを確認します。

[oracle@node01 OPatch]$ ./opatch lsinventory -oh /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1/

Oracle Interim Patch Installerバージョン11.2.0.3.6
Copyright (c) 2013, Oracle Corporation.  All rights reserved。


Oracle Home       : /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1
Central Inventory : /u01/app/oraInventory
   from           : /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1//oraInst.loc
OPatch version    : 11.2.0.3.6
OUI version       : 11.2.0.4.0
Log file location : /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1/cfgtoollogs/opatch/opatch2015-08-24_01-03-22午前_1.log

Lsinventory Output file location : /u01/app/oracle/product/11.2.0.4/dbhome_1/cfgtoollogs/opatch/lsinv/lsinventory2015-08-24_01-03-22午前.txt

--------------------------------------------------------------------------------
インストールされた最上位製品(1):

Oracle Database 11g                                                  11.2.0.4.0
このOracleホームには1の製品がインストールされています。


このOracleホームには仮パッチがインストールされていません。


複数のノードで構成されるRACシステム
  Local node = node01
  Remote node = node02

--------------------------------------------------------------------------------

OPatch succeeded.


また、ORACLE_HOMEのバージョンはopatchでも確認することが出来ます。
opatchに「lsinventory -oh (ORACLE_HOME)」を付与して確認します。
最新のopacthはmy oracleのサポートサイトからダウンロードしてください。

ということで、上記3点を両ノードで確認できれば問題ないかと思います。