7/29よりWindows 10の無償アップグレードが開始されます。
アップグレードの予約をしたユーザーは29になると、自動的にアップグレードファイルがダウンロードされ、更新を促すメッセージが表示されます。
しかし、更新を一時的に止めておきたいユーザーに対して抑止する方法がMSよりアナウンスされました。
「KB3065987」(Windows 7 SP1の場合)もしくは「KB3065988」(Windows 8.1の場合)が適用されていることが条件です。

000001

スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」からmmcを実行します。

000002

管理コンソールの画面です。

000003

ファイルから「スナップインの追加と削除」を選択します。

000004

「グループポリシーオブジェクト」を選択して、追加ボタンをクリックします。

000005

ウィザードが表示されますが、完了ボタンをクリックします。

000006

「ローカルコンピューターポリシー」とうスナップインが追加されました。

000007

ローカルコンピューターポリシーの画面から「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」を選択します。
右側の一覧より、「Turn off~」をダブルクリックします。

000008

有効を選択してOKボタンをクリックします。

000009

これでWindows 10の自動更新は無効化されました。