oracle RACインスタンス用にデータ用、フラッシュリカバリ用の領域をASMを利用して作成します。
すでにGrid、データベースSWはインストールしている状況です。
また、ASM用ディスクはRACの各ノードに見せて、fdiskで領域を作成している状態です。
mkfsコマンドでファイルシステムは未作成です。

000005

gridユーザーでasmcaコマンドを実行し、ASMコンフィギュレーションアシスタントを起動します。
最初の画面から、ASMインスタンスは各ノードで稼働していることがわかります。

000006

早速、ASMの領域を作成します。
まずはディスクグループタブを開き、作成ボタンをクリックします。

000007

候補のディスクが表示されています。
ここに表示されているのはfdiskで領域は作成したけど、mkfsでファイルシステムを作成していないディスクです。
まずはデータ領域用のディスクを選択し、ディスクグループ名を付与しました。

000008

OKボタンを押すと、ディスクグループの作成が始まります。

000009

作成が完了しました。

000010

ディスクグループの一覧にも表示されています。

000011

同じようにフラッシュリカバリ用の領域も作成しました。

000012

ディスクグループタブにも全てのディスクグループが表示されています。