ORACLE 11gからひとつのファイルを複数のピースに分割してバックアップを行なう「マルチセクションバックアップ」という機能が追加されました。
この機能を利用することで、複数のチャネルを利用してバックアップを行なうことができるので、バックアップの時間を短縮することが出来ます。
ただし、バックアップセットを取得しているときのみに、この機能を利用することが出来ます。

SQL> SHOW PARAMETER compatible;

NAME                                 TYPE                              VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
compatible                           string                            11.2.0.0.0


11gからの新機能なのでcompatible初期化パラメーターが11以降であることを確認します。

RMAN> BACKUP TABLESPACE users;

backupが開始されました(開始時間: 15-04-28)
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T002927_bmwogrjy_.bkp タグ=TAG20150428T002927 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
backupが完了しました(完了時間: 15-04-28)

Control File and SPFILE Autobackupが開始されました(開始時間: 15-04-28)
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/autobackup/2015_04_28/o1_mf_s_878171370_bmwogtbg_.bkp コメント=NONE
Control File and SPFILE Autobackupが完了しました(完了時間: 15-04-28)

[oracle@node01 2015_04_28]$ ls -alh
合計 3.4M
drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4.0K  4月 28 00:29 2015 .
drwxr-x--- 6 oracle oinstall 4.0K  4月 28 00:03 2015 ..
-rw-r----- 1 oracle oinstall 3.3M  4月 28 00:29 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T002927_bmwogrjy_.bkp

シングルセクションでusers表領域のバックアップを取得してみました。
もちろんバックアップセットのバックアップピースは1個のみです。

RMAN> BACKUP SECTION SIZE 1M TABLESPACE users;

backupが開始されました(開始時間: 15-04-28)
チャネル: ORA_DISK_1が割り当てられました
チャネルORA_DISK_1: SID=148 デバイス・タイプ=DISK
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
1から128のブロックをバックアップしています
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwoky01_.bkp タグ=TAG20150428T003109 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
129から256のブロックをバックアップしています
チャネルORA_DISK_1: ピース2(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース2(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwokz3d_.bkp タグ=TAG20150428T003109 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
257から384のブロックをバックアップしています
チャネルORA_DISK_1: ピース3(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース3(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol08k_.bkp タグ=TAG20150428T003109 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
385から512のブロックをバックアップしています
チャネルORA_DISK_1: ピース4(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース4(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol1d6_.bkp タグ=TAG20150428T003109 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: フル・データファイル・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
513から640のブロックをバックアップしています
チャネルORA_DISK_1: ピース5(15-04-28)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース5(15-04-28)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_28/o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol2j1_.bkp タグ=TAG20150428T003109 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
backupが完了しました(完了時間: 15-04-28)

Control File and SPFILE Autobackupが開始されました(開始時間: 15-04-28)
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/autobackup/2015_04_28/o1_mf_s_878171476_bmwol4f9_.bkp コメント=NONE
Control File and SPFILE Autobackupが完了しました(完了時間: 15-04-28)

[oracle@node01 2015_04_28]$ ls -alh
合計 6.8M
drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4.0K  4月 28 00:31 2015 .
drwxr-x--- 6 oracle oinstall 4.0K  4月 28 00:03 2015 ..
-rw-r----- 1 oracle oinstall 3.3M  4月 28 00:29 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T002927_bmwogrjy_.bkp
-rw-r----- 1 oracle oinstall 1.1M  4月 28 00:31 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwoky01_.bkp
-rw-r----- 1 oracle oinstall 824K  4月 28 00:31 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwokz3d_.bkp
-rw-r----- 1 oracle oinstall 624K  4月 28 00:31 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol08k_.bkp
-rw-r----- 1 oracle oinstall 944K  4月 28 00:31 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol1d6_.bkp
-rw-r----- 1 oracle oinstall  88K  4月 28 00:31 2015 o1_mf_nnndf_TAG20150428T003109_bmwol2j1_.bkp

次に1MB単位に分割してバックアップを取得します。
5つのセクションが起動し、それぞれがバックアップを取得しています。
取得後のファイルを見ると5つのバックアップピースが作成されています。
それぞれサイズが不揃いなのは未使用ブロックが圧縮されたことによるものらしいです。