RMANにはバックアップの方法として全体バックアップと増分バックアップの2種類があります。
さらに増分バックアップには差分増分バックアップと累積増分バックアップの2種類に分かれます。

まず全体バックアップとは名前の通り、データの全てのブロックをバックアップする方法です。
リストアは全体バックアップのみがあれば充分です。
ただし、バックアップ時間はその他のバックアップ方法と比較して長時間になります。

一方、増分バックアップは変更されたブロックのみをバックアップする方法です。
差分増分バックアップと累積増分バックアップの違いは何を基準とするかです。
まず、差分増分バックアップは直前のバックアップ以降に変更されたブロックをバックアップする方法です。
一方、累積増分バックアップは直前の全体バックアップを基準として、変更されたブロックを累積してバックアップする方法です。

リストアに関しては差分増分バックアップは全体バックアップ+差分増分バックアップ+差分増分バックアップ+・・・という感じになるのに対して、
累積増分バックアップは全体バックアップ+累積増分バックアップという感じになります。
バックアップ時間は差分増分バックアップ<累積増分バックアップになります。

全体バックアップは増分バックアップの基準とする場合は「LEVEL 0」付与して行ないます。

RMAN> BACKUP INCREMENTAL LEVEL 0 DATABASE
2> PLUS ARCHIVELOG DELETE ALL INPUT ;


backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています

(中略)

backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: 増分レベル0のデータファイル・バックアップ・セットを開始して います
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています

(中略)

チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_nnnd0_TAG20150424T212442_bmnfjcko_.bkp タグ=TAG20150424T212442 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:15
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています
入力アーカイブ・ログ・スレッド=1 順序=14 レコードID=12 スタンプ=877901099
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_annnn_TAG20150424T212500_bmnfjx48_.bkp タグ=TAG20150424T212500 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログを削除しています
アーカイブ・ログ・ファイル名=/flash_recovery/ORCL/archivelog/2015_04_24/o1_mf_1_14_bmnfjvby_.arc レコードID=12 スタンプ=877901099
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

Control File and SPFILE Autobackupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/autobackup/2015_04_24/o1_mf_s_877901102_bmnfjz4s_.bkp コメント=NONE
Control File and SPFILE Autobackupが完了しました(完了時間: 15-04-24)


差分増分バックアップの場合は「LEVEL 1」を付与してバックアップを行ないます。
「LEVEL 0」もしくは「LEVEL 1」以降に変更されたブロックをバックアップします。

RMAN> BACKUP INCREMENTAL LEVEL 1 DATABASE
2> PLUS ARCHIVELOG DELETE ALL INPUT ;


backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています
入力アーカイブ・ログ・スレッド=1 順序=15 レコードID=13 スタンプ=877901395
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_annnn_TAG20150424T212956_bmnft51x_.bkp タグ=TAG20150424T212956 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログを削除しています
アーカイブ・ログ・ファイル名=/flash_recovery/ORCL/archivelog/2015_04_24/o1_mf_1_15_bmnft3rw_.arc レコードID=13 スタンプ=877901395
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: 増分レベル1のデータファイル・バックアップ・セットを開始して います
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00001 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/system01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00002 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/sysaux01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00005 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/example01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00003 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/undotbs01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_nnnd1_TAG20150424T212958_bmnft6yx_.bkp タグ=TAG20150424T212958 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:16
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています
入力アーカイブ・ログ・スレッド=1 順序=16 レコードID=14 スタンプ=877901414
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_annnn_TAG20150424T213015_bmnftr0z_.bkp タグ=TAG20150424T213015 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:02
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログを削除しています
アーカイブ・ログ・ファイル名=/flash_recovery/ORCL/archivelog/2015_04_24/o1_mf_1_16_bmnftpjn_.arc レコードID=14 スタンプ=877901414
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

Control File and SPFILE Autobackupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/autobackup/2015_04_24/o1_mf_s_877901417_bmnftswo_.bkp コメント=NONE
Control File and SPFILE Autobackupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

差分増分バックアップの場合は「LEVEL 1」にさらに「CUMULATIVE」を付与してバックアップを行ないます。
「LEVEL 0」以降に変更されたブロックをバックアップします。

RMAN> BACKUP INCREMENTAL LEVEL 1 CUMULATIVE DATABASE
2> PLUS ARCHIVELOG DELETE ALL INPUT ;


backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネル: ORA_DISK_1が割り当てられました
チャネルORA_DISK_1: SID=25 デバイス・タイプ=DISK
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています
入力アーカイブ・ログ・スレッド=1 順序=17 レコードID=15 スタンプ=877901807
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_annnn_TAG20150424T213647_bmng70mf_.bkp タグ=TAG20150424T213647 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログを削除しています
アーカイブ・ログ・ファイル名=/flash_recovery/ORCL/archivelog/2015_04_24/o1_mf_1_17_bmng6z1f_.arc レコードID=15 スタンプ=877901807
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: 増分レベル1のデータファイル・バックアップ・セットを開始して います
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにデータファイルを指定しています
入力データファイル・ファイル番号=00001 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/system01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00002 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/sysaux01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00005 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/example01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00003 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/undotbs01.dbf
入力データファイル・ファイル番号=00004 名前=/u01/app/oracle/oradata/orcl/users01.dbf
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_nnnd1_TAG20150424T213649_bmng72hy_.bkp タグ=TAG20150424T213649 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:15
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

backupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
現在のログがアーカイブされました。
チャネルORA_DISK_1の使用
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログ・バックアップ・セットを開始しています
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットにアーカイブ・ログを指定しています
入力アーカイブ・ログ・スレッド=1 順序=18 レコードID=16 スタンプ=877901825
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)を起動します
チャネルORA_DISK_1: ピース1(15-04-24)が完了しました
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/backupset/2015_04_24/o1_mf_annnn_TAG20150424T213706_bmng7m16_.bkp タグ=TAG20150424T213706 コメント=NONE
チャネルORA_DISK_1: バックアップ・セットが完了しました。経過時間: 00:00:01
チャネルORA_DISK_1: アーカイブ・ログを削除しています
アーカイブ・ログ・ファイル名=/flash_recovery/ORCL/archivelog/2015_04_24/o1_mf_1_18_bmng7km2_.arc レコードID=16 スタンプ=877901825
backupが完了しました(完了時間: 15-04-24)

Control File and SPFILE Autobackupが開始されました(開始時間: 15-04-24)
ピース・ハンドル=/flash_recovery/ORCL/autobackup/2015_04_24/o1_mf_s_877901828_bmng7ny2_.bkp コメント=NONE
Control File and SPFILE Autobackupが完了しました(完了時間: 15-04-24)