expdpでエクスポートしたデータはimpdpでインポートすることが出来ます。
またインポートする際に、スキーマを変更したり、表名を変更したりするように設定することが出来ます。

[oracle@test01 export]$ impdp system/password DIRECTORY=TEST_DIR DUMPFILE=hrexp1.dmp LOGFILE=hrimp1.log REMAP_SCHEMA=hr:tiger TABLES=hr.regions

Import: Release 11.2.0.1.0 - Production on 水 2月 25 00:29:29 2015

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle and/or its affiliates.  All rights reserved.

接続先: Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
マスター表"SYSTEM"."SYS_IMPORT_TABLE_01"は正常にロード/アンロードされました
"SYSTEM"."SYS_IMPORT_TABLE_01"を起動しています: system/******** DIRECTORY=TEST_DIR DUMPFILE=hrexp1.dmp LOGFILE=hrimp1.log REMAP_SCHEMA=hr:tiger TABLES=hr.regions
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/TABLEの処理中です
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/TABLE_DATAの処理中です
. . "TIGER"."REGIONS"                           5.476 KB       4行がインポートされました
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/INDEXの処理中です
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/CONSTRAINT/CONSTRAINTの処理中です
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/INDEX_STATISTICSの処理中です
オブジェクト型SCHEMA_EXPORT/TABLE/STATISTICS/TABLE_STATISTICSの処理中です
ジョブ"SYSTEM"."SYS_IMPORT_TABLE_01"が00:29:32で正常に完了しました


「REMAP_SCHEMA=hr:tiger」でスキーマをhrからtigerに変更しています。
また、「TABLES=hr.regions」はエクスポートデータからregions表を抜き出すという意味です。

SQL> select owner,table_name from dba_tables
  2  where owner = 'TIGER';

OWNER                TABLE_NAME
-------------------- --------------------
TIGER                REGIONS


TIGERスキーマにregions表がインポートされたことを確認しています。