初期化パラメータにはSPFILEとPFILEの2種類があり、SPFILEはバイナリベース、PFILEがテキストベースのファイルになります。
PFILEはOracleデータベースを通じた値の変更が出来ない、RMANのバックアップの対象に含めることが出来ないなどの理由により、SPFILEの利用が推奨されています。
今日はsqlplusを利用した初期化パラメータの確認、変更の手順を確認してみます。

・確認
SQL> SELECT name, value FROM v$parameter
  2  WHERE name LIKE '%pool%';

NAME                           VALUE
------------------------------ ------------------------------
shared_pool_size               0
large_pool_size                0
java_pool_size                 0
streams_pool_size              0
shared_pool_reserved_size      16357785
buffer_pool_keep
buffer_pool_recycle
global_context_pool_size
olap_page_pool_size            0

9行が選択されました。 

初期化パラメータの確認はv$parameterやv$spparameterビューで確認することが出来ます。
v$parameterは現行のセッションで有効になっている初期化パラメータ、v$spparameterはSPFILEに記載されている初期化パラメータが確認できます。
またshow parameterコマンドでも確認は可能です。

SQL> show parameter pool

NAME                                 TYPE            VALUE
------------------------------------ --------------- ------------------------------
buffer_pool_keep                     string
buffer_pool_recycle                  string
global_context_pool_size             string
java_pool_size                       big integer     0
large_pool_size                      big integer     0
olap_page_pool_size                  big integer     0
shared_pool_reserved_size            big integer     16357785
shared_pool_size                     big integer     0
streams_pool_size                    big integer     0 

・変更

 また、初期化パラメータには動的パラメータと静的パラメータがあり、動的パラメータは再起動せずにパラメータの変更が可能で、静的パラメータは再起動が必要になります。
また、動的パラメータにはセッションレベルのパラメータとシステムレベルのパラメータの2種類があります。
セッションレベルがセッション単位で変更できるパラメータで、システムレベルが全てのセッションに影響するパラメータです。

初期化パラメータの値を変更する場合はALTER SYSTEM SET構文を利用しますが、SCOPE句でセッションレベル(SCOPE=MEMORY)で変更するか、システムレベル(SCOPE=SYSTEM)で変更するかを選べます。
両方(SCOPE=BOTH)も可能です。

SQL> ALTER SYSTEM SET shared_pool_size=100m
  2  SCOPE=BOTH;

システムが変更されました。

SQL> show parameter pool

NAME                                 TYPE            VALUE
------------------------------------ --------------- ------------------------------
buffer_pool_keep                     string
buffer_pool_recycle                  string
global_context_pool_size             string
java_pool_size                       big integer     0
large_pool_size                      big integer     0
olap_page_pool_size                  big integer     0
shared_pool_reserved_size            big integer     16357785
shared_pool_size                     big integer     100M
streams_pool_size                    big integer     0 
 
また、静的パラメータをセッションレベルで変更しようとするとエラーが出力されて変更できません。

 SQL> ALTER SYSTEM SET LOG_BUFFER=1000
  2  SCOPE=BOTH;
ALTER SYSTEM SET LOG_BUFFER=1000
                 *
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02095: 指定した初期化パラメータを変更できません。