12月にリリースされたWindows Updateで、また不具合が発生したようです。

[ご注意ください] 12 月 10 日に Windows Update で配信された Visual Studio 2012 対象の更新プログラム KB3002339 をインストールするとシステムのハングアップなどの問題が発生する - Visual Studio サポート チーム blog - Site Home - MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/jpvsblog/archive/2014/12/10/12-10-windows-update-visual-studio-2012-kb3002339.aspx

KB3002339のインストール中にシステムがハングアップしてしまうようです。
現象が発生した場合、タスクマネージャーから「VS11-KB3002339.exe」を終了させると解消するようです。
マイクロソフトはこの件について、既にパッチのリリースを停止しています。

Visual Studio 2012の更新プログラム(セキュリティパッチではない)なので、Visual Studio 2012をインストールしてない場合は関係ないと思われがちですが、Visual Studioのランタイムをインストールしている場合も影響します。
例えはアンチウィルスソフトのアバストが該当します。
取りあえずは更新プログラムの一覧からKB3002339がインストールされていないかを確認しましょう。

アバスト |ウイルスに対抗するセキュリティソフトの無料ダウンロード
http://www.avast.co.jp/index
 
今回は、以前のWindows Updateを行なうと再起動しなくなる問題よりも影響は少ないとは思います。
ただ、マイクロソフトはパッチのリリース前にもっと入念にテストすべきかと思います・・・