pythonでのリストの扱い方を確認します。
前回紹介したタプルとの違いは初期化後に値を変更できるかです。

・初期化と表示
スクリプト
test_list1 = ['python','-','izm','.','com']

print (test_list1)

print ('-------------------------------')

for i in test_list1:
print (i)

結果
['python', '-', 'izm', '.', 'com']
-------------------------------
python
-
izm
.
com 

リストは[ ]で初期化を行ないます。
スクリプトではfor ~ in ~文を使い、リストの各値を取得、表示しています。

・値の追加
スクリプト
test_list1 = []

print (test_list1)

print ('-------------------------------')

test_list1.append('this')
test_list1.append('is')
test_list1.append('a')
test_list1.append('pen')
test_list1.append('.')

print (test_list1) 

結果
[]
-------------------------------
['this', 'is', 'a', 'pen', '.'] 

配列への要素の追加は「配列.append(値)」で行ないます。

・値の挿入
スクリプト
test_list1 = ['python','izm','com']

print (test_list1)

print ('-------------------------------')

test_list1.insert(1,'-')
test_list1.insert(3,'.')

print (test_list1)

test_list1.insert(0,'http://')

print (test_list1)

実行結果
['python', 'izm', 'com']
-------------------------------
['python', '-', 'izm', '.', 'com']
['http://', 'python', '-', 'izm', '.', 'com'] 

値の挿入は配列.insertで行ないます。
例えば「test_list1.insert(1,'-')」は1番目の要素の後ろに「-」を挿入します。
第一引数に0を指定した場合は要素の先頭に追加します。

・値の削除
スクリプト
test_list1 = ['1','2','3','2','4']

print (test_list1)

print ('-------------------------------')

test_list1.remove('2')

print (test_list1)

実行結果
['1', '2', '3', '2', '4']
-------------------------------
['1', '3', '2', '4'] 

値の削除は配列.removeで行なうことが出来ます。
第一引数で指定した文字列が最初に見つかった要素を削除します。

スクリプト
test_list1 = ['1','2','3','2','4']

print (test_list1)

print ('-------------------------------')

print (test_list1.pop(1))
print (test_list1)

print (test_list1.pop())
print (test_list1)

実行結果
['1', '2', '3', '2', '4']
-------------------------------
2
['1', '3', '2', '4']
4
['1', '3', '2']

もしくは、配列.popで削除することも出来ます。
第一引数で指定したインデックス番号の削除を行ないます。
また、何も指定しなかった場合は末尾の削除を行ないます。
それぞれ削除した値を返り値とします。