リモートアクセスを行なう場合、ユーザー認証が重要となってきます。
今、アクセスしようとしているユーザーがアクセスしていいユーザーなのかを確認するのがユーザー認証です。
ユーザー認証の方法で最も一般的なのがユーザー名とパスワードで認証を行なう方法です。
入力されたユーザー名、パスワードが、サーバに保管してあるユーザー名、パスワードと一致した場合にアクセスを許可します。
もしくは、証明書を使った認証の方法もあります。
サーバ、もしくは、サーバとクライアントの両方に証明書をインストールして認証を行ないます。
手間はかかりますが、ユーザー名とパスワードで認証を行なうよりも、セキュリティレベルの高い認証方法です。

Windows Server 2012の場合、以下の方法で認証方法を選択することが出来ます。

038

「ルーティングとリモートアクセス」を起動し、サーバ名(ローカル)を右クリックして、プロパティを選択します。

039

 セキュリティタブを開きます。
認証プロバイダーやアカウンティングプロバイダー、SSL通信で利用する証明書を選択することが出来る画面です。
認証方法の選択を行なうには、「認証方法」ボタンをクリックします。
 
042

様々な認証方法を選択することが出来ます。
1つだけでなく組み合わせて認証方法を構成することも可能です。