ActiveDirectoryのドメイン環境を構築すると既定で「Default Domain Policy」と「Default Domain Controllers Policy」という2つのGPOが作成されます。
これらのGPOに変更を加え、後になって元の状態に戻したいとなったとき、Dcgpofix.exeというコマンドが使えます。

 000052

Default Domain Policyに色んな変更を加えた状態で元の状態に戻してみます。

000053
 
Default Domain Policyを戻したい場合はDcgpofix.exe /Target:Domain、 Default Domain Controllers Policyを戻したい場合はDcgpofix.exe /Target:DC、両方戻したい場合はDcgpofix.exe /Target:BOTHと指定します。
今回はDefault Domain Policyを戻してみます。

000054
000055
 
何度か確認を求めるメッセージが出力されますが、Yと入力してEnterキーを押下します。

000056
 
実行が完了しました。
これでDefault Domain Policyは元の状態に戻っています。 

000057
 
実際にGPOの中身を見てみても、問題ありません。