今回は、ローカルホスト(nagiosのインストールされているホスト)に対してリソース監視を行なう手順に対して確認します。
対象となるリソースはメモリです。
メモリの監視を行なうプラグインはcheck_memですが、なぜか標準でインストールされていません。
下記のgithubからダウンロードできます。

https://github.com/justintime/nagios-plugins/blob/master/check_mem/check_mem.pl 

「raw」って書かれているボタンから右クリックして、「名前を付けて保存」を選択します。

[root@test01 ~]# cp check_mem.pl /usr/local/nagios/libexec/
[root@test01 ~]# chmod a+x /usr/local/nagios/libexec/check_mem.pl

ダウンロードしたプラグインをlibexexフォルダにコピーして、実行権を与えます。

[root@test01 ~]# vi /usr/local/nagios/etc/objects/commands.cfg

define command{
        command_name    check_mem
        command_line    $USER1$/check_mem.pl -f -w $ARG1$ -c $ARG2$
        } 

commands.cfgでコマンドを定義します。
ここで定義したコマンドを監視項目設定で利用できます。

[root@test01 ~]# vi /usr/local/nagios/etc/objects/localhost.cfg

define service{
        use                             generic-service
        host_name                       localhost
        service_description             Memory Free
        check_command                   check_mem!20!10
        } 

check_memコマンドを利用した監視をローカルホストの監視項目に追加します。
「check_mem!20!10」はメモリ使用率20%以下でwarning、10%以下でcriticalという意味です。

[root@test01 ~]# service nagios restart
Running configuration check...
Stopping nagios: .done.
Starting nagios: done.

サービスを再起動し、設定を有効にします。

1

localhostに監視項目、Memory Freeが追加されました。