nagiosのインストールが完了したので、早速監視ホストを追加してみます。

[root@test01 ~]# vi /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/servers →コメントアウトを解除する
#cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/printers
#cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/switches
#cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/routers 

監視対象がサーバの場合はnagiosの設定ファイルを開き、 「#cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/servers」となっている行のコメントアウトを解除します。
これで、 /usr/local/nagios/etc/servers直下にある設定ファイルが対象とするホストを監視します。

[root@test01 ~]# mkdir /usr/local/nagios/etc/servers
[root@test01 ~]# vi /usr/local/nagios/etc/servers/redhat.cfg

define host{
        use                     linux-server
        host_name               redhat
        alias                   redhat
        address                 172.17.9.102
        }

define service{
        use                     generic-service
        host_name               redhat
        service_description     PING
        check_command           check_ping!100.0,20%!500.0,60%
        } 

/usr/local/nagios/etc/にserversというフォルダを作り、そこに監視ホストの設定ファイルを配置します。
define host項で監視ホストの設定を行ない、define service項で監視ホストに対するping監視の設定を行なっています。
それぞれの項にあるuseはテンプレート名を指定しています。
nagiosはテンプレートを利用することによって、監視設定の簡略化を図っています。
テンプレートは/usr/local/nagios/etc/objects/templates.cfgに記載があります。

また、define service項に記載のあるcheck_commandでは利用するプラグインの設定を記載しています。
「check_ping!100.0,20%!500.0,60%」とは100msecか20%のパケットロスでwarning、500msecか60%のパケットロスでcriticalという意味です。

[root@test01 ~]# service nagios restart
Running configuration check...
Stopping nagios: .done.
Starting nagios: done.

nagiosサービスを再起動し、監視ホストの設定を有効化します。

 1

nagiosのwebuiにログインし、ホストリンクをクリックするとlocalhost以外に監視設定したホストが追加されているのがわかります。

2

さらにリンク先をクリックすると監視ホストをクリックすると詳細が表示されます。

3

監視ホストをシャットダウンさせたときの状況です。
ホストの状態が停止(down)になり赤色表示になっていることがわかります。