apacheとPHPのインストールが終わって、今日はいよいよnagios本体のインストールです。

[root@test01 ~]# useradd -d /usr/local/nagios/ -M nagios

nagios専用のユーザ/グループを作成します。

[root@test01 ~]# cd /usr/local/src/
[root@test01 src]# wget http://sourceforge.net/projects/nagios/files/nagios-4.x/nagios-4.0.6/nagios-4.0.6.tar.gz/download
[root@test01 src]# tar xzf nagios-4.0.6.tar.gz
[root@test01 src]# cd nagios-4.0.6

nagiosのソースファイルをダウンロードして、解凍します。
nagiosの最新版は下記からダウンロードしてきました。

Nagios - Browse Files at SourceForge.net
http://sourceforge.net/projects/nagios/files/

[root@test01 nagios-4.0.6]# wget http://ftp.momo-i.org/pub/security/nagios/patches/nagios-jp-4.0.6.patch.gz
[root@test01 nagios-4.0.6]# gzip -dc nagios-jp-4.0.6.patch.gz | patch -p1

nagiosの日本語パッチもダウンロードして、ソースファイルへの適用を行ないます。 
日本語パッチは下記からダウンロードしてください。

http://ftp.momo-i.org/pub/security/nagios/patches/

[root@test01 nagios-4.0.6]# mkdir /usr/local/apache/conf.d/
[root@test01 nagios-4.0.6]# vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf

Include conf.d/*.conf→追記
<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php→追記
</IfModule> 

nagios用の追加apache設定ファイルの置き場所をつくります。
また、apacheのhttpd.confに追加設定ファイルの場所、index.phpのトップページ設定の追記を行ないます。

[root@test01 nagios-4.0.6]# ./configure --prefix=/usr/local/nagios --with-nagios-user=nagios --with-nagios-group=nagios --with-http-conf=/usr/local/apache/conf.d/

[root@test01 nagios-4.0.6]# make all
[root@test01 nagios-4.0.6]# make install
[root@test01 nagios-4.0.6]# make install-init
[root@test01 nagios-4.0.6]# make install-commandmode
[root@test01 nagios-4.0.6]# make install-config
[root@test01 nagios-4.0.6]# make install-webconf 

configureしてコンパイル、インストールを行ないます。
なお、何種類かmake installがありますが、下記のような役割です。

make install →基本コンポーネントのインストール
make install-init →自動起動ファイルのインストール
make install-commandmode →ディレクトリのパーミッション設定
make install-config →サンプル設定ファイルのインストール
make install-webconf →web設定ファイルのインストール

[root@test01 src]# wget http://nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-2.0.2.tar.gz
[root@test01 src]# tar xzf nagios-plugins-2.0.2.tar.gz
[root@test01 src]# cd nagios-plugins-2.0.2
[root@test01 nagios-plugins-2.0.2]# ./configure --prefix=/usr/local/nagios
[root@test01 nagios-plugins-2.0.2]# make
[root@test01 nagios-plugins-2.0.2]# make install

同じようにnagiosの標準プラグインをインストールします。
configure時のprefixにはnagiosのパスを指定します。 
 
[root@test01 nagios-plugins-2.0.2]# chown -R nagios:nagios /usr/local/nagios/

プログラムファイル配置場所のパーミッション設定を行ないます。