今日はNagiosの前提条件であるPHPのインストールを行ないます。
PHPの最新版(現時点で5.1.2)は以下のサイトからダウンロードしています。

PHP: Get Download
[root@test01 src]# wget http://jp1.php.net/get/php-5.5.12.tar.gz/from/this/mirror

2014-05-27 23:35:44 (10.2 MB/s) - `php-5.5.12.tar.gz' へ保存完了 [17112729/17112729]

[root@test01 src]# tar xvf php-5.5.12.tar.gz 

まずは、wgetを利用したダウンロードと解凍です。 

./configure \
--prefix=/usr/local/php5 \
--with-apxs2=/usr/local/apache/bin/apxs \
--enable-mbstring \
--enable-ftp \
--enable-sockets \
--with-gd \
--with-jpeg-dir \
--with-png-dir \
--with-freetype-dir \
--with-zlib \
--with-openssl

続いてconfigureでコンパイル前の設定を行ないます。
一通りのライブラリは有効化しています。

[root@test01 php-5.5.12]# make
[root@test01 php-5.5.12]# make test
[root@test01 php-5.5.12]# make install

さらにコンパイルとインストールを実行します。

[root@test01 php-5.5.12]# vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf

LoadModule php5_module        modules/libphp5.so
AddType application/x-httpd-php .php .phtml→追記 

コンパイル後、apacheの設定ファイルにphpモジュールを読み込む設定が追記されています。
その下にAddTypeでphpの拡張子を指定する設定を追記します。

[root@test01 php-5.5.12]# service httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

サービスを再起動して、設定を有効化します。

[root@test01 php-5.5.12]# cd /usr/local/apache/htdocs/
[root@test01 htdocs]# echo '<?php phpinfo();' >phpinfo.php

phpが有効化されていることを確認するため、phpinfoのテストファイルを作成します。
http://(IPアドレス)/phpinfo.phpにアクセスして、phpinfoのページが表示されたら成功です。
phpは有効化されています。