前回インストールしたapacheを自動起動するように設定してみました。

[root@test01 rpm]# pwd
/usr/local/src/httpd-2.4.9/build/rpm
[root@test01 rpm]# cp httpd.init /etc/rc.d/init.d/httpd

自動起動のサンプルファイルは展開したソースファイルの中にあります。
サンプルファイルを/etc/rc.d/init.dにコピーします。

[root@test01 rpm]# vi /etc/rc.d/init.d/httpd

httpd=/usr/local/apache/bin/httpd
pidfile=/usr/local/apache/logs/httpd.pid
CONFFILE=/usr/local/apache/conf/httpd.conf

起動ファイルを開き、httpd、pidfile、CONFFILEを自分の環境に合うように編集します。

[root@test01 rpm]# /etc/init.d/httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
[root@test01 rpm]# /etc/init.d/httpd stop
httpd を停止中:                                            [  OK  ]

実施に起動、停止をしてみましたが、特に問題ありません。

[root@test01 rpm]# chkconfig --add httpd
[root@test01 rpm]# chkconfig httpd on
[root@test01 rpm]# chkconfig --list | grep httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

サービスに追加し、自動起動するように設定します。