DNSクライアントはDNSサーバから返されたレコードを一定期間保管します。
再度、同一レコードの問い合わせを行なった際には、クライアントはそのキャッシュを参照します。

flex_001221

例えばhost01.test.com 192.168.1.5というAレコードがあったとします。
ping host01.test.comを実行した時点で、192.168.1.5のレコードが返され、結果がキャッシュに保管されます。

flex_001222
 
ipconfig /displaydnsでキャッシュを参照することが出来ます。

flex_001223

クライアントにキャッシュが保管されている状態でAレコードを192.168.1.6に変更してみます。

flex_001224
 
キャッシュが優先され、変更前の192.168.1.5が返されます。
Time To Liveの値はキャッシュ登録時からカウントダウンされ、0になるとキャシュが削除されます。

flex_001225
 
ipconfig /flushdnsでキャッシュを削除することが出来ます。

flex_001226
 
再度、host01.test.comにpingを実行してみると、今度はキャッシュが存在しないのでDNSサーバを参照して、変更後の192.168.1.6を返します。

flex_001227
 
また、hostsに記載した値も、クライアントキャッシュに保管されます。

flex_001228
 
正引き、逆引きともに登録されています。

flex_001229
 
DNSサーバ、hostsともに登録されているレコードの場合、キャッシュが優先されるのでDNSサーバの値では無く、hostsの値が返されます。