今日はスタブゾーンを利用した子ドメインの管理方法について確認します。
スタブゾーンを利用すると、子ドメインのIPやホスト名などの情報が自動的に親ドメインに転送されるので、「子ドメインの管理者から親ドメインの管理者への電話連絡」というのが無くなります。

flex_001198

前方参照ゾーンで右クリックして、「新しいゾーン」を選択します。

flex_001199

新しいゾーンのウィザードが起動します。

flex_001200

 ゾーンの種類ではスタブゾーンを選択します。

flex_001201
 
ゾーン名には子ドメインの名前を指定します。

flex_001202
 
ゾーンファイルの保管先を指定します。

flex_001203
 
マスターDNSサーバの指定では、子ドメインのIPアドレス、FQDNを指定します。

flex_001204
 
OKマークが表示されることを確認します。
なお、子ドメインのDNSサーバのFQDNを親ドメインのレコードとして登録する必要があるようです。

flex_001205
 
作成が完了しました。

flex_001206

SOAレコード、NSレコードに子ドメインのDNSサーバが登録されています。