データコレクターセット(DCS)を利用することによって、パフォーマンスデータの収集やログの記録を1つのコンポーネントで行なうことが出来ます。
また、収集したデータはいつでも参照が可能です。

flex_001106
 
データーコレクターセットを新規に作成するには、パフォーマンスモニターを起動し、「データーコレクターセット」→「ユーザー定義」を右クリックし、「新規作成」→「データーコレクターセット」をクリックします。

flex_001107
 
データーコレクターセットの作成ウィザードが起動します。

flex_001108

データーコレクターセットの名前を指定します。
また、データーコレクターセットにはテンプレートが用意されています。
ここで、テンプレートを使用するか、ゼロから作成するかを選択します。
今回はゼロから作成するを選択します。

flex_001109
 
データーコレクターセットに含めるデータの種類を選択します。
以下のデータを含めることが可能です。

・パフォーマンスカウンター
・DHCPやDNSなどの各サービスのイベントデータ
・レジストリキーのエラー

また、パフォーマンスに閾値を設定し、イベントログに記録したり、プログラムを実行したりすることが可能です。

flex_001110

flex_001111
 
パフォーマンスカウンターを選択した場合、記録するパフォーマンスカウンターの種類を選択します。
例ではProcessor Timeを追加しています。

flex_001112
 
データの保存場所を設定します。
デフォルトではC:\PerfLogsに保存されます。

flex_001113
 
データーコレクターセットを実行するユーザーの指定、作成後の処理を選択します。
完了ボタンをクリックで、作成が開始されます。

flex_001114

データーコレクターセット(testDCS)が作成されました。

flex_001115
flex_001116

プロパティからログの保存場所などを設定することが出来ます。