パフォーマンスモニターを利用することによって、ディスク、CPU、メモリなどのパフォーマンス情報をリアルタイムに監視することが出来ます。

flex_001099
 
パフォーマンスモニターのコンソールはサーバマネージャのツールから「パフォーマンスモニター」を選択することで起動できます。

flex_001100
 
パフォーマンスモニターの初期画面です。

flex_001101

「パフォーマンス」→「モニターツール」→「パフォーマンスモニター」の画面から、パフォーマンスのリアルタイム監視が行なえます。

flex_001102
 
既定ではCPUの使用率が表示されていますが、左上の+ボタンから監視項目の追加を行なうことが出来ます。
パフォーマンスモニターの監視項目をカウンターと呼びます。
カウンターを寄せ集めたのが、カウンターオブジェクトです。

flex_001103

左上からカウンターを選びます。
左下の「選択したオブジェクトのインスタンス」では監視対象を選択することが出来ます。
例えばディスクのどのボリュームを監視するかを選択することが出来ます。

flex_001104
 
Cドライブのリード/ライトを監視するカウンターを作成しました。
OKボタンで確定です。

flex_001105
 
グラフ項目が追加されました。