今回は構成したWDSサーバにイメージを追加します。
イメージには2種類あり、ブートイメージとインストールイメージの2種類になります。
ブートイメージはコンピューターの初回起動時に読み込まれるイメージで、インストールイメージをWDSサーバから読み込む役割を持っています。
ブートイメージ、インストールイメージともにOSのインストールメディアに同梱しています。

flex_001074

まずはブートイメージの追加です。
WDSの管理コンソールから、右ペインの「ブートイメージ」を右クリックして「ブートイメージの追加」を選択します。

flex_001075

 イメージの追加ウィザードが起動します。

flex_001076
flex_001077
 
ブートイメージはOSメディアのsourceフォルダにboot.winという名前で存在しています。

flex_001078
 
イメージの名前、説明を入力します。

flex_001079
 
要約を確認し、「次へ」をクリックすると、イメージの追加が開始されます。

flex_001080

追加中・・・

flex_001081
 
追加されました。
完了ボタンをクリックして、ウィザードを終了させます。

flex_001082

ブートイメージが追加されているのが確認できました。

flex_001083
 
続いてインストールイメージを追加します。
「インストールイメージ」を右クリックして、「インストールイメージの追加」を選択します。

flex_001084

イメージの追加ウィザードが起動します。
インストールイメージはグループ分けすることが可能です。
 
flex_001085

インストールイメージの場所を指定します。

flex_001086
flex_001087
 
インストールイメージはブートイメージと同様にOSのインストールメディアのsourceフォルダに存在しています。

flex_001088
 
追加するインストールイメージを選択します。
例えばWindows Server 2012のinsall.wimにはstandard,datacenter,それぞれのservercoreの4種類が含まれています。

flex_001089

概要を確認します。
「次へ」ボタンをクリックすることでイメージの追加が始まります。

flex_001090

 イメージの追加中です。

flex_001091
 
イメージの追加が完了しました。

flex_001092

管理コンソールからもインストールイメージが追加されたことが確認できます。