Windows 展開サービス(WDS)はネットワーク上のコンピューターにWindowsイメージを転送し、インストールするサービスです。
自動的にインストールを行なうことが出来るので、多数のコンピューターに対して一斉にOSのインストールを行なうことが可能です。

WDSを利用するためには、以下の役割を持ったサーバが必要です。

・AD
・DHCP
・DNS

それぞれのサーバはWDSと同居していても問題ありません。

では、WDSをインストールしてみましょう。 

 flex_001052

「役割と機能の追加」ウィザードの役割の画面で「Windows展開サービス」を選択します。

flex_001051

管理ツールも一緒にインストールされます。

flex_001053

WDSの注意事項を確認します。

flex_001054

flex_001055

WDSの役割を選択すると、「トランスポートサーバー」と「展開サーバ」がインストールされます。
トランスポートサーバーは中核的なサーバで、展開サーバはそれを拡張したものです。
通常は両方インストールします。

flex_001056
 
インストールされる機能、役割を確認します。
問題なければインストールボタンをクリックしてインストールを開始します。 

flex_001057
 
インストールが完了しました。

flex_001058
 
管理画面はサーバーマネージャーのツールから「Windows展開サービス」を選択して起動します。

flex_001059
 
次回以降、設定を行なっていきます。