Windows Server バックアップで取得したバックアップをリストアしてみます。

flex_001037
 
試しにファイルを削除してみて、それがバックアップからリストア出来るかを確認してみます。

flex_001038
 
Windows Serverバックアップの管理コンソールを開き、右ペインの「回復」をクリックします。

flex_001039

リストアウィザードが起動します。
バックアップが保管されている場所を選択します。(ローカルかリモートか)

flex_001040
 
どの日付のバックアップをリストアするかを選択します。
カレンダーから太字の日付を選択します。

flex_001041
 
リストア対象を選択します。
今回はファイル単位のリストアなので「ファイルおよびフォルダー」を選択します。

flex_001042
 
回復する項目を選択します。
左でフォルダを選択し、右でファイルを選択します。

flex_001043

オプションを選択します。
回復先、バックアップ先にリストア項目が存在していた場合の処理、ACLもリストアするかを選択します。

flex_001044

 設定を確認して「回復」ボタンをクリックします。

flex_001045
 
リストア中・・・

flex_001046
 
リストアが完了しました。

flex_001047
 
ちゃんと削除したファイルが復元されています。