Windows Server 2008ではDHCPサーバを冗長化したい場合、スコープを分割するという手段で行ないます。
ただし、片方の設定を、もう片方にコピーする手間があり、とても面倒です。
一方、R2からは設定のコピーをスコープの分割時にのみ自動で行なってくれるので、かなり手間が省けます。

Windows Server 2008 DHCP~スコープの分割 : あるサーバーエンジニアの練習場

ただし、設定をコピーしてくれるのは分割時のみで、設定を変更した場合は手動で、もう片方の設定を変更しなければなりません。
Windows Server 2012のDHCPは、そういう手間を省いてくれます。
Windwos Server 2012の冗長化モードには「アクティブ/スタンバイ」モードと「負荷分散」モードがあります。
それぞれ、片方から、もう片方への同期は自動で行なってくれます。
しかも、初回だけではないです。

flex_000674

DHCPのスコープを右クリックして、「フェイルオーバーの構成」を選択します。

flex_000675

ウィザードが起動します。
冗長化したいスコープをこちらで選択できるようです。

 flex_000676

もう片方のサーバ(パートナーサーバ)を選択します。
パートナーサーバはDHCPの役割をインストールするだけで構いません。

flex_000678
 
冗長化のモードを選択します。
「負荷分散」と「アクティブ/スタンバイ」を選択できます。
負荷分散を選択した場合、分散する割合をここで設定することが出来ます。

flex_000679

設定内容を確認して、完了ボタンを押します。

 flex_000680

フェイルオーバー構成の設定が完了しました。

flex_000681
 
フェイルオーバー構成を設定したサーバです。
フェイルオーバーリレーションシップ欄に設定した関係名が表示されています。 

flex_000683
 
こちらをフェイルオーバー構成を設定されたサーバです。