Windows Server 2012よりDHCPに「ポリシーペースの割り当て」という機能が追加されました。
これはMACアドレスなどの条件に基づき割り当てるIPアドレスや、サーバオプションを制御できる機能です。
例えばノートPCやサーバで、それぞれIPアドレスのリース期間を変えることが出来ます。 

今回は例としてMACアドレスを利用したポリシーを作成してみます。
元々192.168.0.1~100のスコープがあり、そこに以下のようなポリシーを作ってみます。

MACアドレスが00:15:5D~で始まる時
IPアドレスは192.168.0.50~60を割り当てる 

なお、00:15:5D~というのはHyperVの仮想NICで割り当てるMACアドレスです。

http://d.hatena.ne.jp/RIP/20111125 

 flex_000663

DHCPの管理画面からスコープ内のポリシーを右クリックして「新しいポリシー」を選択します。

flex_000664
 
ポリシーの名前や説明を入力します。

flex_000665
 
条件の指定画面です。
追加ボタンでポリシーを追加していきます。
複数条件を指定することも可能です。

flex_000666
 
条件の作成画面です。
今回は割りやすい例えということでMACアドレスの条件を作成します。

flex_000667
 
条件に「MACアドレス」を選択して、値にMACアドレスを入力
ハイフンは省略します。

flex_000668
 
条件が追加されました。
「次へ」をクリックします。
 
flex_000669

条件を満たすクライアントのリースするIPアドレスの範囲を指定します。

flex_000670
 
DNSサーバやデフォルトゲートウェイなどのサーバオプションも指定することが出来ます。

flex_000671
 
作成した条件や設定を確認して、完了ボタンをクリックします。

flex_000672
 
これで新しいポリシーが作成されました。

Windows Server 2008にも予約機能というのがありましたが、これはMACアドレスとIPアドレスが1対1の関係でしたね。