flex_000545flex_000546

仮想マシンのダッシュボートでは以下の項目のパフォーマンス値を確認することが出来ます。

・CPU使用率
・Disk IO
・Network IO

flex_000547

また仮想マシンのWebエンドポイントのパフォーマンスを監視することも出来ます。
各拠点(米、アジア、ヨーロッパetc)から該当のWebサイトにアクセスした際のレスポンスタイムが表示されます。

flex_000548
 
仮想マシン上で構築したWebサイトのURLとアクセス元の地域を選択します。
地域は複数選択することも可能です。

flex_000549
 
複数のWebサイトを監視することも可能です。

flex_000550
 
パフォーマンス監視結果の画面です。
5分毎にWebサイトにアクセスして、その応答時間を表示します。

flex_000553
 
また、各監視項目に対して閾値を設定することも可能です。

flex_000554
 
例えばWebサイトの応答時間に閾値を設定してみました。
閾値を超えた場合、指定したメールアドレスにメールを送信することが可能です。

flex_000555
 
Webサイトの応答時間に閾値を設定した後の画面です。
敷地はこちらのダッシュボードから各監視項目をクリックすることで設定が行なえます。