azure上で作成したストレージは専用のツールを使ってファイルのやり取りを行なうことが出来ます。
その際に必要となるのがアカウント名とキーです。

ILMT_000001

アカウント名とキーはazureの管理ポータルからストレージを選択して、下部の「アクセスキーの管理」をクリックします。

ILMT_000002

ストレージアカウント名とアクセスキーが表示されます。
これらをコピーしておきます。
右側にコピーボタンも着いています。
ちなみにストレージキーはプライマリ、セカンダリ、どちらでも大丈夫です。

ILMT_000000

Azure Storage Explorer - Home

今回は専用のツールとしてフリーのAzure Storage Exploreというのを使ってみます。

ILMT_000006

ツールを実行して、Add Accountボタンを押します。

ILMT_000004

コピーしておいたアカウント名とアクセスキーを入力して、Add Storage Accountボタンを押します。

ILMT_000005

 ストレージの中身を開くことが出来ました。
ファイルのアップロードやダウンロード、 削除やコピーなどを行なうことが出来ます。