DHCPサーバからIPを取得できなかった場合、クライアントでは169.254~というアドレスが割り当てられられます。
あんまり知られていないかも知れないですが、このIPはapipaって言います。

APIPA - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/APIPA

ad_000220


しかし、代替の構成機能を利用することによって、クライアントはDHCPの取得が失敗しても、設定した特定のIPアドレスを取得することが出来ます。

ad_000221
 
各NICごとのIPのプロパティを開き、 代替の構成タブを選択します。

ad_000222
 
IPの取得に失敗した場合に設定するIP/GW/DNSを設定します。

ad_000223
 
DHCPのIPを取得しないようにしたところ、先ほどの代替の構成で設定した内容が適用されました。