オラクる。

oracle専門ブログにしてみようかな~っと

2015年10月

20151024_031212816_iOS

伝説のラーメン二郎町田店のDNAを受け継ぐのが矢部のラーメン学と登戸の蓮爾
共通点はまるでうどんのような極太麺
そして、どこか取っ付きにくさのある店主の接客
本流の二郎とはまた違った流れを感じることの出来るお店です

そんな登戸にある蓮爾の2号店が三軒茶屋と駒沢大学の間にありました
その名も「蓮爾さんこま店」
そのさんこま店が先月移転したようです
今度は桜新町と駒沢大学の間にあります
やっぱりまた駅と駅の間・・・(汗)
そして、結構歩きました・・・(汗)
さらに今回はお店がわかりづらい
看板なんて一切ありません
遠くから見たら、それがラーメン屋さんだって気づかないかもしれない
ちなみに、今回は駒沢大のキャンパスと駒沢公園が近いです
当日は駒沢公園でラーメンショーがやっていたようです
そんなものには目もくれずに男は黙って蓮爾!
ただ、人混みが嫌いなだけなんだけど・・・(笑)

さて、店外には3名の待ち
さっそく列に並ぶと前の人が「最初に食券買うらしいですよ」とアドバイスが
アドバイス通りに食券を買って、店員に渡します
店員は無口な店主とグレート義太夫似の助手
再び列に並びます
この時、助手から「後ろに並ぶ人に食券先買うように伝えて下さいね!」と言われます
なんという奇抜なシステム・・・店頭に掲示でもしておけばいいと思うが・・・
ちなみに、食券を買わずに列に並び続けると、食券を買ってから後ろに戻されるので気をつけて
私の後に来た学生二人組がそうなっていました

さて、やっぱり回転は早く数分で店内に
店内は殺伐としていて、移転後の新店とは思えない年季の入りよう
前の店が潰れて、店舗をそのままの状態にして移転してきたといった感じです
ドアは完全に閉まらないので、246の自動車が奏でる突風がビュンビュンと入り込んできます
そして、椅子もボロボロ
店内に入ってからは10分程度で着席
ここは店員に言われてから座るシステムのようです
ここまで店員の「いらっしゃいませ」の挨拶はありません(^_^;)

今回オーダーしたのはオーソドックスに小豚ラーメン
他にもつけ麺とかエビ味があります
コールはアブラと辛め
着席してから5分程度で提供です
麺は極太麺
蓮爾に来た!と言う感じです
実際に食べてみると小麦の風味がズシンと脳天を攻めてきます
新代田二郎の極太麺よりも硬めな感じです
豚はバラ肉で綺麗な長方形
味も適度に染み込んでいて、とても柔らかい仕上がり
こういう豚肉、私は結構好きです
小豚にして良かった
野菜はクタクタでコールしないと結構少なめ
スープは乳化していて、豚の旨味が存分に染み込んでいます
ショッパすぎない、甘すぎない、ちょうどいい頃合いのスープです
最後はスープを結構飲んでのごちそうさま
丼をカウンターに上げて退店します
「ありがとうございました~!」は言われませんでした(^_^;)

接客とお洒落と駅近を求めない人なら全然オススメ出来るお店です
つけ麺も食べてみたいし、エビ味も気になるし
一人で行くなら別に接客は求めないので、また行ってみようかな~


蓮爾 新町一丁目店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 桜新町

Fluentdのインストールは前回はソースをビルとする方法で行いましたが、rpmからインストールする方法の方が数倍楽です。
インターネットに繋がっている環境だったらコマンドを1回実行するだけでダウンロード、インストールまで行なってくれます。

[root@node01 init.d]# curl -L https://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent2.sh | sh
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
110   662  110   662    0     0    230      0  0:00:02  0:00:02 --:--:--  2221
This script requires superuser access to install rpm packages.
You will be prompted for your password by sudo.
読み込んだプラグイン:product-id, refresh-packagekit, security, subscription-manager
This system is not registered to Red Hat Subscription Management. You can use subscription-manager to register.
rhel-dvd                                                 | 4.1 kB     00:00 ...
treasuredata                                             | 2.9 kB     00:00
treasuredata/primary_db                                  |  31 kB     00:00
読み込んだプラグイン:product-id, refresh-packagekit, security, subscription-manager
This system is not registered to Red Hat Subscription Management. You can use subscription-manager to register.
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package td-agent.x86_64 0:2.2.1-0.el6 will be インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
 パッケージ       アーキテクチャ バージョン          リポジトリー          容量
================================================================================
インストールしています:
 td-agent         x86_64         2.2.1-0.el6         treasuredata          53 M

トランザクションの要約
================================================================================
インストール         1 パッケージ

総ダウンロード容量: 53 M
インストール済み容量: 181 M
パッケージをダウンロードしています:
td-agent-2.2.1-0.el6.x86_64.rpm                          |  53 MB     00:06
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
  インストールしています  : td-agent-2.2.1-0.el6.x86_64                     1/1
adding 'td-agent' group...
adding 'td-agent' user...
Installing default conffile...
prelink detected. Installing /etc/prelink.conf.d/td-agent-ruby.conf ...
Configure td-agent to start, when booting up the OS...
  Verifying               : td-agent-2.2.1-0.el6.x86_64                     1/1

インストール:
  td-agent.x86_64 0:2.2.1-0.el6

完了しました!


これだけで最新版をダウンロード、インストールしてくれます。
なお、td-agentというパッケージ名ですが、これはfluentdの安定版のことらしいです。

[root@node01 init.d]# service td-agent status
td-agent は停止しています
[root@node01 init.d]# service td-agent start
Starting td-agent:                                         [  OK  ]
[root@node01 init.d]# service td-agent status
td-agent (pid  21838) を実行中...
[root@node01 init.d]# service td-agent restart
Shutting down td-agent:                                    [  OK  ]
Starting td-agent:                                         [  OK  ]
[root@node01 init.d]# service td-agent stop
Shutting down td-agent:                                    [  OK  ]


td-agentというの名前のサービスが登録されているので、serviceコマンドで起動、停止が行なえます。

[root@node01 init.d]# curl -X POST -d 'json={"json":"message"}' http://localhost:8888/debug.test
[root@node01 init.d]# cat /var/log/td-agent/td-agent.log | grep debug.test
2015-10-23 15:11:56 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 15:13:19 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 15:14:24 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 15:15:43 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 15:17:07 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 15:17:12 +0900 debug.test: {"json":"message"}

デフォルトではhttpの8888番ポートで入力を待ち受けています。
jsonのメッセージをポストしてみました。
td-agent.logに出力されていることを確認できました。

fluentdのインストール方法はrpmやyumを利用する方法があります。
今回の検証ではソースをコンパイルしてインストールしてみます。

[root@node01 ~]# git clone https://github.com/fluent/fluentd.git
Initialized empty Git repository in /root/fluentd/.git/
remote: Counting objects: 12896, done.
remote: Total 12896 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 12896
Receiving objects: 100% (12896/12896), 12.95 MiB | 2.98 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (7282/7282), done.


ソースはgithubからダウンロードしてきます。

[root@node01 ~]# cd fluentd/
[root@node01 fluentd]# bundle install
Don't run Bundler as root. Bundler can ask for sudo if it is needed, and
installing your bundle as root will break this application for all non-root
users on this machine.
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.........
Fetching version metadata from https://rubygems.org/..
Resolving dependencies...
Using rake 10.4.2
Installing cool.io 1.4.1 with native extensions
Installing flexmock 1.3.3
Installing http_parser.rb 0.6.0 with native extensions
Installing json 1.8.3 with native extensions
Installing msgpack 0.5.12 with native extensions
Installing sigdump 0.2.3
Installing string-scrub 0.0.5 with native extensions
Installing thread_safe 0.3.5
Installing tzinfo 1.2.2
Installing tzinfo-data 1.2015.7
Installing yajl-ruby 1.2.1 with native extensions
Using fluentd 0.12.16 from source at .
Installing multi_json 1.11.2
Installing parallel 1.6.1
Installing parallel_tests 1.9.0
Installing power_assert 0.2.4
Installing rr 1.1.2
Installing simplecov-html 0.5.3
Installing simplecov 0.6.4
Installing test-unit 3.1.5
Installing test-unit-rr 1.0.3
Installing timecop 0.8.0
Using bundler 1.10.6
Bundle complete! 9 Gemfile dependencies, 24 gems now installed.
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.


bundleを使ってgemをインストールします。

[root@node01 fluentd]# bundle exec rake build
fluentd 0.12.16 built to pkg/fluentd-0.12.16.gem.

[root@node01 fluentd]# gem install pkg/fluentd-0.12.16.gem
Successfully installed fluentd-0.12.16
Parsing documentation for fluentd-0.12.16
Installing ri documentation for fluentd-0.12.16
Done installing documentation for fluentd after 5 seconds
1 gem installed


ソースのbuild、インストールを行ないます。

[root@node01 fluentd]# whereis fluentd
fluentd: /usr/local/bin/fluentd


whereisコマンドでfluentdのモジュールがインストールされたことを確認できました。
これでfluentdはインストールされました。

[root@node01 fluentd]# fluentd --setup ./fluent
Installed ./fluent/fluent.conf.


設定ファイルの原本を作成します。

[root@node01 fluentd]# fluentd -c ./fluent/fluent.conf -vv &
[1] 20719


作成した原本を利用してfluentdを起動します。

[root@node01 fluentd]# echo '{"json":"message"}' | fluent-cat debug.test
2015-10-23 00:12:58 +0900 [trace]: plugin/in_forward.rb:194:initializ              
 fluent socket from '127.0.0.1:25455': object_id=69934454875520
2015-10-23 00:12:58 +0900 debug.test: {"json":"message"}
2015-10-23 00:12:58 +0900 [trace]: plugin/in_forward.rb:262:on_close:              
ket


fluentを通したテストメッセージが入出力ログに表示されることを確認しています。

fluentdはログの入力、出力を集中的に管理するOSSのソフトウェアです。
多彩なプラグインから最近注目を集めているようです。
気の済むママ検証してみようと思います。

・インストール前の準備

①時刻同期の確認
ntpを利用して性格な時刻に同期されているかを確認します
fluentdに限らずに、ログ管理ツールでは必須の事項です

[root@node01 trace]# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*LOCAL(0)        .LOCL.          10 l   26   64    3    0.000    0.000   0.000
 ntp-a2.nict.go. .NICT.           1 u   25   64    3    4.473  495.446   1.536
 ntp3.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u   22   64    3    4.195  496.772   0.524
 133.40.41.136   133.40.41.133    2 u   23   64    3   15.429  494.626   0.066


②リソース制限のチューニング
rootユーザーのファイルオープン数(nofile)の制限値をチューニングします。
最大値(65536)になるようにします。

[root@node01 trace]# ulimit -n
1024

[root@node01 trace]# vi /etc/security/limits.conf



root soft nofile 65536
root hard nofile 65536

(再起動する)

[root@node01 ~]# ulimit -n
65536


③カーネルパラメータのチューニング
/etc/sysctl.confを修正します

[root@node01 ~]# vi /etc/sysctl.conf

net.ipv4.tcp_tw_recycle = 1
net.ipv4.tcp_tw_reuse = 1
net.ipv4.ip_local_port_range = 10240    65535

[root@node01 ~]# sysctl -w

④rubyのインストール
fluentdをソースコードからインストールしたい場合などはrubyが必須です
今回はrubyをソースコードからインストールしました
今日時点の最新のバージョンになります

[root@node01 ruby-2.2.3]# ruby -v
ruby 2.2.3p173 (2015-08-18 revision 51636) [x86_64-linux]
[root@node01 ruby-2.2.3]# gem -v
2.4.5.1


gemは次回のインストール時に使います

各RACノードのVIPを変更する手順です。
VIPに対するホスト名を変更する場合はlistener.oraやtnsnames.oraを変更する必要があります。

[grid@rac-node01 ~]$ srvctl config vip -n rac-node01
VIPが存在します: /rac-node01-vip/192.168.100.160/192.168.100.0/255.255.255.0/eth0、ホスティング・ノードrac-node01
[grid@rac-node01 ~]$ srvctl config vip -n rac-node02
VIPが存在します: /rac-node02-vip/192.168.100.161/192.168.100.0/255.255.255.0/eth0、ホスティング・ノードrac-node02


現状の構成を確認します。

[grid@rac-node01 ~]$ srvctl stop service -d orcl -n rac-node01

VIPの変更を行なうノードのネットサービスを停止します。

[grid@rac-node01 ~]$ srvctl stop vip -n rac-node01 -f

対象ノードのVIPを停止します。
合わせて、-fオプショを指定して、対象ノードのローカルリスナーも停止します。

[root@rac-node01 ~]# vi /etc/hosts

hostsに記載されている、VIPのIPアドレスを修正します。

[root@rac-node01 ~]# srvctl modify nodeapps -n rac-node01 -A 192.168.100.170/255.255.255.0/eth0

OCRに記載されているVIPのIPアドレスも修正します。

[grid@rac-node01 ~]$ srvctl config vip -n rac-node01
VIPが存在します: /rac-node01-vip/192.168.100.170/192.168.100.0/255.255.255.0/eth0、ホスティング・ノードrac-node01


変更を確認します。

[grid@rac-node01 ~]$ srvctl start vip -n rac-node01

これで変更が完了したので、VIPを起動します。
ローカルリスナーも同時に起動します。

[grid@rac-node01 ~]$ cluvfy comp nodecon -n all

ノード接続性を検証中



ノード接続性の検証に成功しました。

最後にクラスタ検証ユーティリティでノード間の接続に問題ないかを確認します。

このページのトップヘ