オラクる。

oracle専門ブログにしてみようかな~っと



PowerBI Desktop版でデータを取り込んでみましょう。
ソースは「https://ja.wikipedia.org/wiki/都道府県の人口一覧」を利用してみます。

000061

PowerBIを起動して、データを取得をクリックします。

000062

ソースの選択画面でWebを選択します。

000063

ソースのURLを指定します。

000064

指定のURLを読み込み<table>タグの付いてる表が読み込まれます。

000065

table0を選択すると都道府県別の年代別人口集計表が表示されます。
読み込みをクリックします。

000066

表が読み込まれました。
これがクエリです。

000067

先頭行を選択し、「先頭の行を見出しとして使用」をクリックします。
これで先頭行を見出しとして扱ってくれます。

000068

次に一行目は総計なので削除します。
左上のボタンをクリックして、「上位の行を削除」を選択します。

000069

削除する行数の入力します。
1行だけでいいので、1と入力します。

000070

先頭1行が削除されました。

000071

続いて、人口のデータを全て選択します。
これらは、文字列として把握されているので数字に変換します。
変換した状態で「型の変更」→「整数」を選択します。

000072

またエラー値が存在しているので、特定の数字に変換します。

000073

エラー値を選択して、エラーの置換を選択します。

000074

置換する数字を設定します。

000077

エラー値が0に置換されました。

000078

最後に閉じて適用をクリックします。

000079

作成したクエリがレポートに取り込まれました。(右側のフィールド一覧)

PowerBIにはWeb版だけではなくDesktop版も存在しています。
今回はそのDesktop版をインストールしてみましょう。

000050

PowerBIのWeb画面よりDesktop版がダウンロード出来ます。

000051

メニューの「Power BI Desktop」をクリックするとすぐにダウンロードが始まります。

000052

ダウンロードしたファイルを実行するとすぐにインストールが始まります。

000053

「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

000054

インストール先を指定します。

000055

「インストール」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

000056

インストール中・・・

000057

インストールが完了しました。
すぐにPowerBIを起動してみましょう。

000058

PowerBIのDesktop版が起動しました。
取り敢えずサインインをしてみましょう。

000059

アドレスを入力して

000060

サインインできました。

レポートに対して自然言語でグラフを作成することが出来ます。

000040

吹き出しとなっている部分に自然言語を入力します。

000041

例えばthis year saleと入力すれば今年度の売上が表示されます。

000042

this year sales fiscal monthと入力すれば月別の売上グラフが作成されます。

000043

~as funnelでグラフの種類も変更してみました。

000045

「ビジュアルをピン留め」リンクをクリックすることで、グラフをダッシュボードに追加できます。

000046

ダッシュボードに追加されました。

000044

000047

作成したレポート、ダッシュボードは自由に削除できます。
左側のメニューから「削除」を選択します。

000048

削除ボタンをクリックします。

000049

綺麗に削除されました。

人気ブログランキングへ


このページのトップヘ