オラクる。

oracle専門ブログにしてみようかな~っと



今回は複数のテーブルを合わせて折れ線と棒の複合グラフを作ってみましょう。

000118

上は都道府県別の人口のグラフです。

000119

グラフが選択された状態で、右側のフィールドから都道府県別の面積をチェックします。
分かり辛いですが、グラフに面積が追加されています。

000120

グラフの種類を折れ線グラフおよび積み上げ棒グラフに変更します。

000121

さらに、「各棒の値」欄に表示されている「面積」を「線の値」にドラッグアンドドロップします。

000122

面積が折れ線グラフになりました。
これで、複合グラフの完成です。

今回は複数のテーブルを結合するというのをやってみます。

000093

PowerBIを起動し、最初の画面で「データを取得」をクリックします。

000094

ソースとしてWebを選択します。

000114

ソースのURLとして「http://ja.wikipedia.org/wiki/都道府県の面積一覧」を利用します。

000096

設定は変更せずに「接続」をクリックします。

000097

テーブルの一覧が読み込まれました。

000098

「2014年面積の順位、北海道から熊本県」を選択します。

000099

「2014年面積の順位、宮城県から京都府」を選択します。

000100

「2014年面積の順位、山梨県から香川県」を選択します。
編集ボタンをクリックします。

000101

クエリの編集画面です。
3つの表が選択されています。

000102

まず、「日本全土」行を削除するために、フィルターのチェックを外します。

000103

「日本全土」行が削除されました。

000104

面積列を確認し、データ型が10進数となっていることを確認します。

000105
000106

順位1から15までの表は表明を「都道府県別の面積」に変更します。

000107

さらに順位1から15の表にそれ以降の順位の表を結合(Union)します。

000109

3つの表が結合され1つの表になりました。

000111

結合した後の元の表は、表を右クリックし「読み込みを有効にする」チェックを外しておきます。
これで読み込まれないようにする。

000112

最後に「閉じて適用」ボタンをクリックし、編集したクエリを実行します。

000113

クエリが実行し、表が読み込まれました。

データーソースを元に色々なグラフを作ってみましょう

000078

右側にクエリに基づいたフィールドが表示されます。

000079

都道府県を選択すると、左側に都道府県の一覧が表示されます。

000080

人口を選択すると、同じように左側に表示されます。

000081

視覚化アイコンでグラフの種類を変更できます。
棒グラフに変更してみました。

000082

これはtreemap

000083

円グラフ

000084

ドーナツグラフ

000085

グラフの右上にメニューがあります。
それをクリックして並び替えを選択します。

000092

人口の多い順に並び替えられました。

000086

塗り分け地図を選択します。

000087

フィールドに都道府県、2010年を選択すると人口別で塗り分けられた地図が出来上がります。

000088

塗り分け色の基準を変えることもできます。

000089

最小を白色、最大を赤色に変えてみました。

000090

地図をバブル図に変更することも出来ます。

このようにPowerBIで色々なグラフを作ることが可能です。

人気ブログランキングへ


このページのトップヘ