オラクる。

oracle専門ブログにしてみようかな~っと



Cloud上に構築したOracle Databaseインスタンスに対して、enterprise managerに接続してみましょう。
ただし、Cloudでは22のSSHのポートしか許可されていないので、EM用に5500番ポートをオープンする必要があります。

000030

Databaseのサービスコンソールを開き、インスタンスのメニューから「アクセス・ルール」を選択します。

000031

アクセス・ルールの一覧が表示されます。
EMに必要な5500番ポートはブロックされているのがわかります。

000032

5500番のルールのメニューから「Enable」を実行します。

000033

Enableボタンをクリックします。

000034

ポートの開放中・・・

000035

5500番ポートが開放されました。

000036

https://(IPアドレス):5500/em/にアクセスしてみます。
ユーザーID systemでログインします。

000037

ログインすることが出来ました。
DBのステータスなどが表示されていることを確認できます。

しばらくして、データベースインスタンスが作成されました。
早速、SSHで接続してみましょう。

000020

マイサービスのDBコンソール画面にアクセスします。
ホスト名のリンクをクリックします。

000021

パブリックIP、インスタンス名などが記載されています。

000022

早速、teratermを起動し、SSHで接続します。

000023

ユーザーはoracle、秘密鍵は構築時に作成した鍵を指定します。

000024

SSHで接続することが出来ました。

000025

ディスクの容量をdfで確認

000026

sqlplusで接続して、インスタンス名とコンテナの情報を確認
1CDBに1PDBが作成されているようです。

oracle cloudのアカウントを作ってみました。
早速、DBインスタンスを作ってみましょう。

000007

マイサービスのダッシュボードを開きます。

000009

「データベース」から「サービスコンソールを開く」を選択します。

000010

データベースサービスのサービスコンソールが開きました。
サービスリンクをクリックします。

000011

サービスの作成をクリックします。

000012

インスタンスの作成ウィザードが開きます。
サービス名=ホスト名、データベースのバージョン、エディションなどを選択します。

000013

サービスにアクセスするための公開鍵を設定できます。
既存を利用するか、新規に作成するか選択できます。

000014

新規に作成した場合は、秘密鍵と公開鍵のペアをダウンロードします。

000015
000016

仮想マシンのスペック、インスタンス名、Standby DBの有無、バックアップの有無を選択します。

000017

詳細を確認し、いざ作成

000018
000019

ステータスが進行中となっているうちは作成中です。
時間がかかりそうなので、一晩おいておきます。

人気ブログランキングへ


このページのトップヘ